2018年12月13日

小六、中一

小六の算数は、一学期からの復習をテスト形式で始めました。
最初の線対称、点対称に関しては、全員が90点越えというすばらしい成績でした。
次の円の単元は、95点から55点とばらつきが出ました。

3.14はおそらく今後使わないと思いますので、計算間違いはある程度よしとします。
ただ、分配法則や、面積、円周の求め方は中学でも使いますので、身につけておきましょう。

英語は2Cの書き取り問題と訳、それから教科書の問題演習をしました。
穴埋め問題は、どんな会話をしているのかを想像しながら進めましょう。
並び替え問題はパズルのようでしたが、皆さん楽しく取り組めてよかったです。

中一の英語は、ワークを丁寧に解説しながら進めました。

文法的な事項は何度も繰り返して解説しますので、少しずつでいいので慣れて下さい。
文法は英語を勉強するための道具です。
きちんと身につけば、大変便利でまた強力な道具なので、我慢してついて来て下さい。

数学は図形の移動のワークを解きました。
ちょっとワークが遅れているので、冬休みを使ってできる限り進めることにします。
それまで教科書の予習は少しに間お休みします。









posted by 教育の森学習塾 at 22:02| Comment(0) | 日記

小二、小四、小五、中一、中二、中三

小二の算数は、かけ算のワークを解きました。
5、2、3、4の段はかなりよく覚えていて、ほとんど正解でした。
6の段以降はまだちょっとあやふやなので、次回以降ワークを解きましょう。

小四の国語は「ごんぎつね」のワークがすべて終わっているのでお休みです。

算数は小数のワークを解きました。
ちょっと時間がかかりますが、理解はきちんとできているようです。
ほとんど正解なので、もう少しスピードアップを目指しましょう。

小五の国語は「古典」を楽しむのワークを解いています。
竹取物語だけ学校でやったとのことなので、その問題だけやりました。
竹取の翁の名前は「さぬきの造(みやつこ)」ですので、覚えておきましょう。

中一の英語は、Lesson 7のワークを一部解いた後、一学期の復習に入りました。
文法的な解説にはあまり慣れていないと思いますので、冬休みでひと通りやっておきましょう。
冬期講習に来られるなら、その時間も活用します。

数学も正負の数から復習を始めました。
この機会に、苦手な単元がないかきちんと確かめておきましょう。

中二の英語はLesson 7の予習をしました。
比較級と最上級を、形容詞が短い場合と長い場合のふたつのパターンで覚えておきましょう。
次回はワークの問題を解きます。

中三の皆さんは、それぞれの受験対策を続けています。









posted by 教育の森学習塾 at 00:17| Comment(0) | 日記