2019年09月20日

小三、小四、小五、小六、中一、中二、中三

小三の算数は、学校の進んだところまで追いついてしまったので、ワークのやり残したページを解きました。
夏休みにもひと通り復習しましたが、まだ忘れているところがありましたね。
大切なところなので、しっかり覚え直しておいて下さい。

小四の国語は、一つの花のワークを解きました。
わかりやすいお話ですが、登場人物の気持ちがよく問題になります。
その登場人物になったつもりで、気持ちを想像してみましょう。

算数は一億より大きな数ですが、得意な生徒さんと、やや苦手な生徒さんに分かれました。
苦手な場合は、慣れるまで位取りの表を書いてみましょう。
それがいちばんわかりやすいですし、そのうち、書かなくてもわかるようになれます。

小五の算数は、倍数と約数のワークを続けています。
ちょっと時間がかかってしまい、学校のテストを終えられた生徒さんもいるようです。
残ったワークは冬休みに回して、次回は次の単元に入りましょう。

小六の算数は、拡大図と縮図の予習をしました。
対応する辺の長さは変わりますが、対応する角の大きさは等しくなっています。
作図するときは、そこに気をつけて下さい。

中学生の皆さんは、それぞれの中間考査対策です。
少しでも疑問のある問題は、遠慮なく質問して下さいね。









posted by 教育の森学習塾 at 22:01| Comment(0) | 日記