2019年10月04日

小三、小四、小五、小六、中二

小三の国語は、小二の漢字のまとめの問題を解きました。
ちょっと時間がかかりましたが、九割近いできだったのでまあまあといったところです。
間違えた漢字は、教室でも練習しましたが、おうちでももう一度やってみて下さい。

算数は二けたかける一けたのかけ算の筆算です。
こちらは時間もあまりかからず全部正解できていました。
次回は答えが三けたになるかけ算に入れそうです。

小四の算数は三けたわる二けたのわり算のワークです。
リラックスして解くとほぼ全問正解ですが、ちょっと焦ると間違いが多くなりますね。
一問正解できるということは、全問正解できるということなので、自信をもって解いて下さい。

小五の算数は、小数と分数、整数の関係のワークを終え、テストをしました。
やはり皆さん、分数より小数の方がお好きのようで小数で解きたがる傾向があります。
ある程度まではそれで構いませんが、行き詰まったら分数を使うことをすぐに思いつけるようにして下さい。

テストは割合できていましたが、もう少し精度を上げたいところですね。

小六の算数は、拡大図と縮図のワークを解きました。
対応する辺の長さや角の大きさの関係についてはよくおわかりのようです。
縮尺の計算はもう少し練習しておきましょう。

中二の英語は、Reading 1の予習の続きです。
前回同様、単語と熟語はきちんと覚えておきましょう。
それさえできていれば、この単元の文章はすらすら訳せると思います。

数学はいよいよ三角形の合同条件の予習までやって来ました。
この三つは呪文のようなものなので、このまま一言一句違わぬよう覚えましょう。
またフリーの証明は、書き方に揺れがあっても構わないので、本質をつかんで下さい。









posted by 教育の森学習塾 at 22:09| Comment(0) | 日記