2020年05月20日

小六、中一

小六の算数は、文字と式のワークをすべて終えて、分数のかけ算、わり算に入りました。
最初は間違いが多かった生徒さんも、徐々に正解率が上がってよかったです。
決して難しい計算ではないので、自信を持って取り組んで下さい。

中一の数学は、四則の混じった計算まで来ました。
解き方ははっきりしていますので、それにしっかり従って下さい。
わからない場合は、自分にできる解き方まで戻っても大丈夫です。

英語はLesson 1の本文の暗記を続けています。
できるまで、根気よく何度も繰り返し覚えましょう。
そのうちきっと、慣れてくると思います。









posted by 教育の森学習塾 at 22:40| Comment(0) | 日記

2020年05月19日

小四、小六、中二

小四の算数は、大きな数のワークを続けています。
間違いがほとんどなかったので、よくおわかりのことと思います。
もう少し時間をかけずに解けると、もっといいですね。

小六の国語は、笑うから楽しい、と、時計の時間と心の時間のワークです。
どちらも教科書を一度読んだだけでしたが、八割以上は正解でした。
わからなかったところは、今日の解説のように考えてみて下さい。

算数は、対称のワークと、文字と式の教科書に分かれました。
点対称の作図は、各点と対称の中心を使えば必ずできます。
繰り返し練習してできるようにしておきましょう。

文字と式は、順調に進んで教科書の予習はおしまいです。
次回からワークに入ります。

中二の数学は、連立方程式のワークを最後まで終えました。
連立方程式も随分長い間やって来ましたね。
文章題も皆さん得意にされているようです。

英語はLesson 2のワークをすべて終えて、Lesson 3に入りました。
意味が似ているwillとbe going toの学習です。
最近be動詞の復習に力を入れて来ましたが、be going toもその応用と考えて下さい。









posted by 教育の森学習塾 at 22:26| Comment(0) | 日記

2020年05月14日

小四、中二

小四の国語は、小三の漢字テストの続きです。
大体八割くらいは書けているようですね。
字が丁寧で、大変いいです。

算数は、大きな数の教科書の予習を終え、ワークに入りました。
多少時間がかかっていますが、間違いはほぼゼロなので、これでいいでしょう。
次回もワークを続けます。

中二の英語は、Lesson 1のワークを終えました。
不規則動詞の過去形は、地道に覚えて行きましょう。
主語と動詞を最初に決める英作文のやり方も、徐々に慣れて下さい。

数学もワークの連立方程式を進めています。
こちらも結構ページがたくさん残っていますね。
春期講習でも解きたいので、明日以降、午前中もワークをお持ち下さい。










posted by 教育の森学習塾 at 22:56| Comment(0) | 日記

2020年05月13日

小六

小六の算数は、対称の単元が終わったので、文字と式の予習に入りました。
これまで□や○で表していた文字をxとyに置き換えましょう。
今日はまだやや慣れなかったかも知れませんが、次回はワークで力試ししましょう。

国語は、ワークがやや進み過ぎなので、今日はお休みしました。









posted by 教育の森学習塾 at 22:22| Comment(0) | 日記

2020年05月12日

小四、小六、中二

小四の国語は、白いぼうしの最後のワークを解きました。
時間もかかりませんでしたし、全部正解でしたので大変いいです。
国語は得意のようですね。

算数は、大きい数のしくみの教科書を予習しています。
三桁どうしのかけ算の筆算は、ちょっと間違いがありましたが、大筋ではおわかりのようです。
0の扱いがやや難しいかも知れませんが、すぐに慣れるでしょう。

小六の国語は、帰り道のワークをすべて終えました。
全問がほとんど正解でしたので、特に問題はなさそうです。
次回は教科書を読みつつ、先へ進みます。

算数は、点対称と線対称のワークです。
両者を混同している生徒さんは、両者の意味をもう一度考えて下さい。
基本的なルールを守れれば、きちんと分けて考えられるでしょう。

中二の数学は、連立方程式の教科書を終えました。
文章題もよく正解できているようですね。
一次方程式の文章題より、むしろやさしいかも知れません。

英語はLesson 3の手前まで終えました。
There is、There areの構文と、be動詞の過去形ですね。
春期講習でbe動詞をまとめて復習していますが、それと合わせてしっかり頭に入れておきましょう。









posted by 教育の森学習塾 at 22:35| Comment(0) | 日記