2020年09月14日

小五、小六、中一

小五の国語は、古典の世界(一)と、新聞を読もうのワークです。
どちらも大変よく出来ていました。
ただ、以下に触れる、国語の問題の答え方には気をつけて下さい。

算数は、偶数と奇数、倍数と公倍数のワークを解きました。
最小公倍数は、大きい方の数を二倍、三倍して、小さい方の数でわれるかを調べましょう。
小さい数を二倍、三倍するよりその方が速いですから。

小六の国語は、テストが近いとのことで、せんねん まんねんと、やまなしのワークを解きました。
よく読めていますが、国語の問題の答え方には注意して下さい。
なぜ、と聞かれたら・・・だから、どのような目的ですか、だったら・・・という目的、という風に答えましょう。

算数は、拡大図と縮図のワークです。
作図は、どちらも決められたやり方通りに書けば簡単です。

中一は、英数国共に、定期考査対策をしました。









posted by 教育の森学習塾 at 22:10| Comment(0) | 日記