2020年10月08日

小四、小五、小六、中二

小四の国語は、いろいろな意味をもつ言葉のワークを解きました。
言葉の意味についてはよく身についているようです。
間違えた漢字は例によって復習しておきましょう。

算数はわり算の筆算と、がい数のワークに分かれました。

前者の虫食い算は、教科書には出てきませんので無理しないでおきましょう。
普通の筆算はよくできているので、その方が大切です。

後者は、苦手な人も多いですが、完璧に正解できていました。
とても安心ですので、この調子で行きましょう。

小五の国語は、ちょっと遅くなりましたが、夏休みのテストを解きました。
読解問題などほぼ間違いはないのですが、漢字を書くのは不得意ですね。
次回、少し時間をかけて漢字をやりましょう。

算数は、小数と整数、分数の関係のワークに入りました。
これは後に出てくる、単位量あたりの大きさの考え方を含んでいます。
どちらをどちらでわるか、今日目印をいくつか解説しましたが、次回も続きをやります。

小六の算数は、角柱、円柱の体積のワークに入りました。
やっと円の面積が終わった、と思ったらここでも円の面積の求め方を使います。
がっかりしないでがんばって取り組みましょう。

中二は、一中の皆さんは明日の試験対策をしました。

それ以外の生徒さんは、数学は一次関数の復習、英語はLesson 4の復習をしました。









posted by 教育の森学習塾 at 22:39| Comment(0) | 日記