2018年09月21日

小三、小四、小五、中二、中三

小三の算数は、「大きい数のしくみ」で学校の授業に追いついてしまったので、以前のワークの残りを解きました。
「あまりのあるわり算」の文章題では、あまりをどうするかに気をつけましょう。
あまりをそのまま書くか、あまりは切り上げるのか、切り捨てるのか、の判断です。

小四の国語は「一つの花」の問題を解きました。
ちょっと難しい問題が一問ありましたが、それ以外はよくできました。
その一問はどんな風に答えればいいか、解説を覚えておいて下さい。

算数は「大きい数のしくみ」と「わり算のひっ算」に分かれました。
前者は三けたどうしのかけ算に入りましたが、ちょっと不安があります。
解説を参考にして、次回はできるようにしましょう。

後者も難しい問題はちょっと不安です。
まずはやさしい問題から始めて、徐々に難しい問題に進むことにします。

小五の算数は、おひとりお休みだったので先へは進まず、約分の問題をたくさん解きました。
まだちょっと慣れない感じですが、難しくはないのでできるようになると思います。
次回は通分に入りたいと思います。

中二、中三はそれぞれの定期考査対策をしました。
中二の生徒さんのご希望で、英語と数学の試験範囲を総ざらいしましたが、質問はなかったでしょうか。
中三の国語の文法も質問をいただきましたが、解説でおわかりいただけたならよかったです。









posted by 教育の森学習塾 at 21:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]