2020年04月20日

小五、小六、中一

小五の国語は、なまえつけてよのワークを解きました。
皆さん、一度読んだだけでかなりよく理解できたようですね。
正解率がすばらしかったです。

算数は、立方体と直方体の体積の単元に入りました。
教科書の解説は慎重ですが、要は公式を理解していただけば大丈夫です。
あとは、mとcmが混ざった計算はできないので、どちらかに統一するようにしましょう。

小六の国語は、帰り道のワークを解いています。
こちらもほとんど正解なので、よく理解できているようですね。
登場人物の気持ちなども正確につかめています。

算数は、線対称を終えて点対称の予習に入りました。
線対称より若干わかりにくいかと思いましたが、わりとするっとわかったようです。
次回、教科書の問題を解いて、さらに確実な知識にしましょう。

中一の数学は、ちょっと怪しいので立ち止まっていた四則の混じった計算を、先に進めました。
若干、見切り発車の感がありますが、あとでフォローします。
今はとりあえず、教科書の正負の数を一旦終わらせましょう。

英語はワークのLesson 2のまとめの問題まで来ました。
初めて学習したのはもう随分前ですが、繰り返し復習して来ました。
基本中の基本なので、しっかり押さえておきましょう。

国語は、音を追いかけてのワークの最後です。
それほど長いお話でもないので、きちんと読んでおきましょう。









posted by 教育の森学習塾 at 22:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]