2020年10月22日

小四、小五、小六、中二

小四の国語は、世界にほこる和紙のワークを解きました。
少し間違いがありましたが、基本的にはよくおわかりです。
まだワークが残ってるので、次回は続きをやりましょう。

算数は、わり算の筆算とおよその数に分かれました。

筆算はもうまったく心配ないほどよく正解できています。
この分なら学校のテストも問題ないでしょう。

およその数もよくおわかりですね。
こちらも、学校のテストがあってもまったく大丈夫そうです。

小五の算数は、分数のたし算、ひき算のワークです。
通分では、最小公倍数を使いますが、ちょっと苦手のようです。
解説のようのやれば難しくありませんので、元気に取り組んで下さい。

小六の国語は、「鳥獣戯画」を読むのワークを終えました。
よく正解できていると思いますので、この調子で行きましょう。

算数は、比例のワークに入りました。
「yをxの式であらわしなさい」の答えでは、必ずyが=の左に来ます。
それは数学のやり方にならっているので、覚えておきましょう。

中二の英語は、Lesson 6に入りました。
動名詞はto不定詞の名詞的用法に似ていますが、違うところもあります。
使い分けをしっかり身につけましょう。

数学は、三角形と四角形のワークをもうすぐ終えられそうです。
三角形の合同の証明以外の証明は、ひとつひとつ頭に入れて下さい。
今年中には教科書を終えられそうですね。









posted by 教育の森学習塾 at 22:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]