2019年04月24日

小五、中一、中二、中三

小五の算数は、比例の単元の予習をしました。
教科書もワークも一日で終わりました。
それほど難しい考え方ではなかったですね。

国語は、いつか大切なところのワークの問題を解きました。
もう少し時間がかかってもいいので、しっかり読むようにして下さい。
そうすればきっと、正解率が上がってきますよ。

中一の数学は、正負の数のワークの続きです。
これですべて終わりですので、次回から、文字と式の予習に入りましょう。
ただし、間違えたり、わからなかったりした問題は、復習し、質問して下さい。

英語はLesson 3の問題を解きました。
時間切れで答え合わせが出来なかったので、次回やりましょう。

中二の英語は、Lesson 1のまとめの問題を解きました。
Pre-Lessonも前文暗記していただきましたが、次はLesson 1の番です。
和訳と共に、本文の暗記も進めて行きましょう。

数学は、式の計算のまとめの問題です。
数学は皆さん比較的得意なようですが、間違った問題は復習しておいて下さい。

国語はそれぞれの学校の進んだところのワークを解きました。
数学や英語と違い、国語は学校によって進み方が異なるので、この方法で進めます。

中三の英語は、Lesson 1から2までの間にある項目のワークを解きました。
なかなかLesson 2に進めませんが、来週にはなんとかなりそうです。
過去分詞は地道に覚えましょう。

数学は多項式のワークが大詰めを迎えています。
こちらも来週あたりは平方根に入れるかも知れません。
ただし、乗法公式と因数分解は毎回少しずつ復習しましょう。









posted by 教育の森学習塾 at 21:49| Comment(0) | 日記

2019年04月23日

小三、小四、小五、小六、中一

小三の国語は、白い花びらのワークに入りました。
漢字と言葉の意味ですが、時間切れで答え合わせができなかったので、次回やりましょう。
それから読解問題に入ります。

算数は、かけ算のワークを続けています。
かける数、かけられる数を、二つに分けて計算する方法は、身についているようです。
次回も続きをやりましょう。

小四の算数は、折れ線グラフと表のワークを続けています。
やはり、問題文をよく読み、理解することが課題となっています。
時間がかかっても構いませんので、じっくり取り組むことから始めましょう。

国語は学校が進んでいないとのことで、お休みにしました。

小五の国語は、いつか、大切なところのワークを続けています。
以前から比べると、読解問題の正解率が随分上がりましたね。
問題の解き方がしっかり身について来たようです、がんばって下さい。

算数は、立体の体積のワークに入りました。
教科書がまだ全部予習できていないので、次回は他の皆さんと一緒にそれを終えましょう。

中一の数学は、正負の数のワークを続けています。
正負の数の利用で、一部難しい問題がありましたので、復習をお願いします。
それ一問以外は、大体できているのではないかと思います。

英語は、Lesson 2からの復習をしています。
すでに予習の終わっている皆さんも、もう一度やり直しておきましょう。










posted by 教育の森学習塾 at 21:54| Comment(0) | 日記

2019年04月22日

小四、小五、中三

小四の国語は、ワークの白いぼうしの問題を解きました。
読解問題にはほとんど間違いがなくて、大変よく出来ています。
国語はとても得意のようですね。

算数は、折れ線グラフと表のワークを終えて、角の大きさの予習に入りました。
二直角、三直角、四直角はすぐにわかられたようです。
次回は分度器の使い方を学習しましょう。

小五の算数は、体積の単元の解説を終えました。
次回、教科書の問題を解き終えてから、ワークに進みます。

中三の数学は、因数分解のワークを続けています。
とりあえず公式は頭に入ったでしょうか。
難しめの問題もよくできているようで安心です。

英語もLesson 1のワークをまとめてやりました。
第五文型と受動態ですが、どちらも理解できていますか。
第五文型をつくる動詞は、今のところ、callとmakeしかないので、それだけしっかり覚えて下さい。










posted by 教育の森学習塾 at 21:55| Comment(0) | 日記

2019年04月20日

小六、中三

小六の国語は、引用して話そうの問題を解きました。
これは覚えておけばいいことなので、難しくはありませんでしたね。
次回は学校の進み具合とは無関係に、薫風に入ります。

算数は、教科書の円の面積を終えて、ワークに入りました。
分配法則を使うこと、×3.14をいちばん最後に持って行くこと、3.14を使わなくていい問題を見抜くこと。
この三つで、円周率の計算の手間をかなり省くことができます。

中三の理科は一、二年の復習をしました。
気体の性質は、いくつかの気体についてしっかり覚えておきましょう。
それほどたくさんではないので、難しい作業ではないでしょう。

社会は地理で、北アメリカ州と南アメリカ州です。
理科、社会共に、おうちでもう一度復習するようにして下さい。

補講は因数分解の問題を解きました。
因数分解は、まだワークの問題を解いていません。
通常の時間にワークを解いて、実力を確かめてみて下さい。









posted by 教育の森学習塾 at 21:50| Comment(0) | 日記

2019年04月19日

小四、小五、小六、中二、中三

小四の算数は、折れ線グラフと表のワークを続けています。
今日は、整理のしかたの問題で、ちょっと間違いがありました。
時間がかかるのはある程度仕方ないので、慎重に数えるようにしましょう。

小五の算数は、小数と整数の単元を終えて、体積の単元の予習に入りました。
立方体や直方体を組み合わせてつくった立体の体積も、あっさり解き方がわかってよかったです。
もう少しで教科書が終わりますので、その後はワークに移りましょう。

国語は一部、いつか大切なところの問題を解きました。
言葉の意味は一問も間違いがなくて大変いいです。
次回は読解問題に入りましょう。

小六の算数は、対称の図形のワークに入りました。
線対称は大体おわかりのようです。
対称の軸は、図形からややはみ出す長さで書くようにして下さい。

中二の英語は、Pre-Lessonの書き取りテストをもう一度行いました。
また、Lesson 1のワークも進めています。
来週あたりから、Lesson 2の予習に入れそうです。

数学は、式の計算のワークを終えました。
次回から連立方程式の予習に入ります。
教科書を忘れないようにして下さい。








posted by 教育の森学習塾 at 21:41| Comment(0) | 日記

2019年04月18日

小四、小六、中一

小四の算数は、折れ線グラフと表の問題を続けています。
作業は面倒かも知れませんが、難しくはないので、根気よく取り組みましょう。
一部、ワークがすべて終わったのでテストもしました。

小六の国語は、薫風の予習をしました。
ワークの読解問題が途中になってしまったので、次回続きをしましょう。
どれくらい正解できているかが楽しみです。

算数は対称な図形のワークを終えたので、テストをしました。
点対称の作図は、かなり難しいものがワークにありましたが、それほどの問題は学校のテストでは出ないでしょう。
塾のテストでこれだけできていれば、学校のテストも満点が狙えそうです。

英語は英単語の学習を進めています。
テストもほとんど完璧な出来でとてもいいです。
やる気が感じられますね。

中一の数学は、正負の数のワークを続けています。
何度も言いますが、単純なルールの繰り返しです。
式が複雑に見えても解き方は同じなので、自信を持って解きましょう。

英語はLesson 3のまとめの問題の続きです。
よく出来ているようなので、次回からLesson 4に入りましょう。









posted by 教育の森学習塾 at 21:51| Comment(0) | 日記

2019年04月17日

小五、中一、中二、中三

小五の国語は、いつか大切なところのワークに入りました。
主人公の悲しみと、それが喜びに変わるきっかけをよく読みましょう。
次回も続きの問題を解きます。

算数は、体積のワークの続きです。
式の立て方はかなり上手になりましたが、ちょっと計算間違いがあります。
時間がかかってもいいので、丁寧に計算しましょう。

中一の国語は、金子みすゞの、ふしぎの問題をワークで解きました。
読みやすい詩ですが、第四連には鍵が隠されています。
その鍵をきちんと読み切れるようにしておきましょう。

英語はLesson 3の仕上げの問題を解きました。
昨日もお知らせしましたが、そろそろLesson 4に進みたいです。
来週は教科書をお持ち下さい。

数学は、正負の数のワークを進めています。
もう数ページで終わるので、こちらも再来週くらいには教科書が必要です。
次の、文字と式に入ります。

中二の英語は、Pre-Lessonの書き取りテストをしました。
単語量を増やすために、毎回一ページずつ書き取りテストをします。
宿題ではありませんが、おうちでも練習しておくといいと思います。

数学は、式の計算のワークを続けています。
こちらもあとほんの数ページで終わりそうですね。
次回から連立方程式に入れそうです。

中三の数学は、教科書の多項式の単元をすべて終えました。
ワークがかなり残っていますので少々宿題をお出しします。
来週の月曜日まででいいので、やって来て下さい。

国語はワークで、春に、の問題を解きました。
平易な言葉で大変力強いことが書かれています。
音読しても楽しめそうです。

英語はLesson 2の手前まで来ました。









posted by 教育の森学習塾 at 21:43| Comment(0) | 日記

2019年04月15日

小四、小五、小六、中三

小四の算数は、折れ線グラフと表のワークを続けています。
整理のしかたは、やはりちょっと間違いが見受けられますが、慎重にやりましょう。
面倒ですが、難しい作業ではありません。

小五の算数は、整数と小数のワークを終えました。
次回は教科書をお持ち下さい。
次の体積の単元の予習に入ります。

小六の算数は、教科書で円の面積の予習を進めています。
解説は終わったので、あとは教科書の問題を解いてからワークに移りましょう。
3.14を使った計算をできるだけ少なくした方が、時間もかからず、間違いも減らせます。

いずれの学年も、学校の授業がもう少し進むまで、国語はお休みです。

中三の数学は、多項式の単元を教科書上で終えました。
次回はワークを一通り解いてから、平方根に進みましょう。
因数分解と平方根が理解できないと二次方程式が解けないので、慎重に取り組んで下さい。

英語はLesson 1の後のAction!、Word Tree、Chapter 1 Projectなどを進めました。
次回はLesson 2に入りましょう。
いよいよ現在完了形の学習になります。









posted by 教育の森学習塾 at 22:37| Comment(0) | 日記

2019年04月13日

小六、中三

小六の国語は、学校がまだほとんど進んでいないのでお休みです。

算数は、対称な図形の教科書もワークもすべて終わったので、プリントの問題を解きました。
対応する辺を答えるときは、対応する頂点の順に答えるようにしておきましょう。
反対の順でも小学校では正解になるかも知れませんが、いずれ中学校で直されます。

また、一部、円の面積の予習にも入りました。

中三の理科、社会は、中一、中二の復習を続けています。
都立の入試では、理科、社会は思考力が試されますが、それでも基本的な知識はしっかり確認しておきましょう。

補講は数学の乗法公式の復習をしました。
項や式を、別の文字に置き換える方法は、わかってしまえば簡単です。
是非、自信が持てるまでがんばって下さい。









posted by 教育の森学習塾 at 22:44| Comment(0) | 日記

2019年04月12日

小三、小四、小五、小六、中二

小三の国語は、かえるのぴょんのワークの問題を解きました。
ちょっと時間がかかってしまい、答え合わせまで行けませんでしたが、大丈夫です。
じっくり考えていいので、答え合わせは次回にしましょう。

小四の国語は、春のうたのワークを解きました。
ほとんど正解だったので、大丈夫だと思います。
くらべてはっけんしよう、は、もう少しよく読めばできそうですね。

算数は、教科書の折れ線グラフと表の予習をほぼ終えました。
整理のしかたは、数えるのがやや大変かも知れませんが、丁寧にやれば間違いません。
初めは時間がかかっても構わないので、間違わないよう慎重にやりましょう。

小五の国語は、水平線のワークを解きました。
生徒さんによってやや出来にばらつきがありました。
解説したように考えてみて下さい。

国語が不得意の場合は、とにかく解説を聞いて、考える道筋を覚えましょう。
それほど難しいことではないので、きっとできるようになりますよ。

算数は、教科書の整数と小数の予習を終えワークに入りました。
新年度の時間割で、複数人の授業になりました。
それで、みんな仲良く、競い合うような形の授業ができています。

大変よい雰囲気なので、今後もこの調子で行きましょう。

小六の国語は、風景純銀もざいくと、紙風船の問題をワークで解きました。
多少間違いがありましたが、解説でおわかりいただけたようです。
学校のテストもがんばって下さい。

算数は計算問題をやりました。

中二の数学は、教科書の式の計算の予習が終わったので、ワークを解いています。
皆さん、数学は得意のようで、とてもスムーズに進められています。
とりあえずワークをすべて解いてから、次の連立方程式に移りましょう。

英語はLesson 1の1Cの解説をしました。
解説後の和訳はよくできていたようなので安心です。
英作文までできるようにもう一歩がんばって下さい。










posted by 教育の森学習塾 at 22:53| Comment(0) | 日記