2018年11月18日

補講

今日は中学生の定期考査が近いので、補講を行いました。
質問がいくつも出て有意義だったと思います。
繰り返しになりますが、三年生は調査書に反映する大切な試験です。
実技四教科もとても大事なのでおろそかにしてはいけません。
試験が終わるまで全力でがんばって下さい。









posted by 教育の森学習塾 at 19:20| Comment(0) | 日記

2018年11月16日

小三、小四、小五、中二、中三

小三の国語は「くらしと絵文字」の問題を解きました。
八割以上できていますが、解答はできるだけ本文通り書くようにして下さい。
その方が点数を確実にとることができます。

算数は小数の足し算、引き算のワークを解きました。
残念ながら時間切れで答え合わせができなかったので、それは次回にしましょう。
ワークの62ページと63ページです。

小四の国語は一部、「ウミガメの命をつなぐ」のワークを解きました。
非常によくできていたので安心です。
この単元は、皆さん本当によく正解していますね。

算数は計算の順序のワークを解きました。
ここは得意な生徒さんと不得意な生徒さんにはっきり分かれてしまいました。
不得意な生徒さんは、もっと基本的な計算の復習が必要かも知れません。

小五の算数は、単位量あたりの大きさのワークを解いています。
そこそこ順調に解けているのではないかと思います。
次回はテスト形式で出来を見てみましょう、キャンディーのご褒美もありです。

中二、中三の生徒さんは、それぞれの定期考査の準備を進めています。

to不定詞と、一次関数の利用について解説をご希望の中二の生徒さんは、おわかりでしたでしょうか。
問題を解いたりしてまだわからないことがあれば、質問して下さい。









posted by 教育の森学習塾 at 21:44| Comment(0) | 日記

2018年11月15日

小六、中一

小六の算数は「比例と反比例」の問題をテスト形式で解きました。
二回やって二回とも満点が出たので、たいへんよかったと思います。
それほど難しい単元ではないので、不得意な人はもう少しがんばって下さい。

国語は次回から、「ぼくの世界、君の世界」に入ります。

中一の皆さんは、それぞれの定期考査対策をしました。









posted by 教育の森学習塾 at 21:45| Comment(0) | 日記

2018年11月14日

小二、小四、小五、中一、中二、中三

小二の国語は、「さけが大きくなるまで」の問題を解きました。
ほとんど正解できていたので、よく読めていると思います。
いつものことですが、字を丁寧に書くともっといいです。

算数は九九の三の段と四の段がまだちょっとあやしいので、体積の単元を復習しました。
こちらもよく覚えていて問題なくできました。
次回は九九の問題に戻りたいですね。

小四の国語は、「不思議ずかんをつくろう」の問題を解きました。
漢字が不得意な場合は、同じ問題を何度も解いて着実に身につけましょう。
読解問題は大体よくできていたようです。

算数は一部、小数の予習をしました。
小数第二位、第三位の意味をきちんととらえておいて下さい。
次回も小数を進めます。

計算のじゅんじょの生徒さんは、順序が今ひとつ覚え切れてないようです。
かっこがない場合でも、足し算、引き算より、かけ算、わり算が先です。
難しいルールではありませんので、しっかり覚えておいて下さい。

小五の算数は、単位量あたりの大きさを教科書で終えました。
ワークに入りましたが、できに開きがあるようです。
ただし解説通りにやれば必ずできますので、もう少しがんばりましょう。

中学生の皆さんは、それぞれの定期考査対策を続けています。
早い学校は来週の月曜から始まります。
特に三年生は、後悔のないようしっかりがんばって下さい。









posted by 教育の森学習塾 at 21:54| Comment(0) | 日記

2018年11月13日

小三、小四、小五、小六、中二

小三の国語は、「くらしと絵文字」のワークに入りました。
今日は漢字と言葉の意味の問題を解きましたが、よくできていますね。
次回は読解問題に入りましょう。

算数は、小数の足し算、引き算のワークを続けています。
整数と小数の筆算では、小数点の位置を合わせることに気をつけて下さい。
それさえ大丈夫なら、あとは大変よくできています。

小四の国語は「ウミガメの命をつなぐ」の最後の問題をワークで解きました。
一問も間違えず、パーフェクトなできでしたね。
学校のテストがあったら、この調子でがんばって下さい。

算数は「計算のじゅんじょ」に入ったばかりだそうなので、およその数の復習をしました。
ちょっと苦手なようなので、最初から丁寧に進めています。
一歩一歩でいいので着いてきて下さい。

小五の国語は、ドリルの続きの問題を解きました。
算数も国語も終わったので、次のドリルに進むことにしましょう。
算数から始めます。

小六の算数は、反比例までを教科書で終えました。
ワークがみんなからだいぶ遅れていますが、がんばって下さい。
次回はテスト形式で問題を解きます。

中二はそれぞれの定期考査対策をしました。
開始まで一週間になりましたね。
ラストスパートでがんばって下さい。









posted by 教育の森学習塾 at 21:43| Comment(0) | 日記

2018年11月12日

小五、小六、中一、中二

小五の算数は、単位量あたりの大きさの教科書を続けています。
人口密度の計算は桁数が多くて大変かも知れませんが、これくらいはできないと困ります。
テストでも出ると思いますので、復習しておいて下さい。

国語は、教科書の下巻がまだとのことなので、もう少し先延ばしします。

小六の算数は、比例、反比例の教科書を終えてワークに入りました。
ページ数の割には問題が簡単でさくさく進んでよかったです。
残りの二ページはテスト形式で点数を競ってみましょう。

国語は五年生と同じ理由でお休みです。

中一、中二の皆さんはそれぞれの定期考査対策をしました。
今日はあまり質問が出ませんでしたが、大丈夫でしょうか。
わからないところをそのままにするのは大変危険なのでやめましょう。









posted by 教育の森学習塾 at 21:50| Comment(0) | 日記

2018年11月10日

中一、中三、高二

中一、中三の皆さんはそれぞれ定期考査対策をしました。
音羽中の一年生は、試験範囲が広いのでがんばって準備して下さい。

高二の英語は、受験対策を始めました。
定期考査の準備期間以外は、今後受験対策をして行きましょう。









posted by 教育の森学習塾 at 22:14| Comment(0) | 日記

2018年11月08日

小六、中一

小六の算数は、教科書の反比例を終え、問題演習に入りました。
比例定数の求め方は、x=1のときのyの値、もしくはXとyの値の積です。
それからyをxの式で表すときは、yを左辺において下さい。

英語は11から20までの綴りのテストをしました。
満点がふたりの他、皆さんよくがんばりましたね。
次回は2Bの書き取りと和訳のテストをします。

中一の皆さんは、それぞれの試験対策をしました。
今日は質問もたくさん出て、大変よかったと思います。
家庭学習でわからないところをまとめておいて、塾で一気に質問する、というのも効率的ですね。









posted by 教育の森学習塾 at 22:03| Comment(0) | 日記

2018年11月07日

小二、小四、小五、中一、中二、中三

小二の国語は「さけが大きくなるまで」の問題を解きました。
一問も間違えなかったので、大変よかったと思います。
ただ、本文に漢字で書いてある字は、解答でも漢字で書きましょう。

算数はかけ算の二の段と五の段の問題です。
こちらもよく覚えられていますね。
三の段は覚えたばかりのようなので、問題を解くのは次回にします。

小四の国語は「ウミガメの命をつなぐ」のワークを解きました。
漢字と言葉の意味はほとんど間違いがありませんでした。
読解問題はもう少し時間をかけずに解きたいところですね。

算数は計算のじゅんじょの問題を解いています。
かっこの中、それから、かけ算わり算から先に計算するルールを覚えましょう。
それから、計算はできるだけ筆算を使うようにして下さい。

小五の算数は平均のワークを終えて、こみぐあいに進みました。
人口密度は人数わる面積(通常は平方キロメートル)です。
大きな数字の計算になりますが、慎重にやりましょう。

中学生はそれぞれの定期考査対策をしました。









posted by 教育の森学習塾 at 21:52| Comment(0) | 日記

2018年11月06日

小三、小四、小六、中二

小三の国語は、「見学したことを知らせよう」のワークの問題を解きました。
少しだけ間違いがありましたが、90点近い正解率で大変いいと思います。
次回は「くらしと絵文字」に入りましょう。

算数はちょっと苦手にしていたわり算の復習の後、小数の計算に入りました。
わり算はやはり戸惑われていましたが、解説を聞くと一問も間違えずに解けました。
小数の計算もよくわかられていて安心です。

小四の国語は「ウミガメの命をつなぐ」のワークを解きました。
「理由は何ですか。」とか、「なぜですか。」、「どうしてですか。」という問題は、本文中の「・・・だから。」という表現を探しましょう。
何を目印にして正解を探せばいいか、解説の中からつかんで下さい。

算数はおよその数のワークです。
問題文をよく読んで、なんの位を四捨五入するか、適切に判断しましょう。
次回は「計算のじゅんじょ」に進みたいと思います。

小六の算数は「比例」のワークです。
大体のところよくできていると思いますが、もう少しスピードを上げるともっといいです。
次回は教科書の反比例を進めます。

中二は定期考査対策に入りました。









posted by 教育の森学習塾 at 21:55| Comment(0) | 日記